• 頑張っているのに、売上が上がらない。
  • 工夫しているけど効果がない。
  • 忙しいだけで儲からない。
  • この先不安

ビジネスでこんなお悩みをもつ人は多い。

その原因は、

  • 競争が激しいから。
  • コロナの影響だから。
  • 人口が減っているから。
  • 何をやるにも難しい時代になったから。
  • 業界自体が縮小傾向だから。

いろいろそれぞれの業界で原因はある。

だから、
売上が下がるのも仕方がないことだ。

確かに昔と違い、難しい時代になりました。

人口が減り、お客様も減っているから、
競争も激しくはなっています。

流行りや廃れも早くなっています。
時代の変化に着いていくだけでも大変な時代です。

景気がよくなれば、
コロナが収束すれば、
業績も好転するかもしれない。

そこまで頑張ろう。
と耐える気持ちでいる人も多いでしょう。

しかし、
同業他社を見渡してみよう。

あなたと同じ苦しい状況にも関わらず
業績を伸ばしている会社がありませんか?

長い自粛期間に苦しむ飲食業界。
でも、
売上を伸ばしているお店もあります。

外出制限の影響をうける宿泊業界。
でも
満室が続くホテルや旅館があります。

フィットネス業界でも、
ライザップのように値段高くても人気があるジムもあれば
安くても人が来ないパーソナルトレーニングジムもある。

業界自体は縮小傾向の建築業界。
でも、
大手でもないのに着工棟数を伸ばしている会社がある。

その他、斜陽産業の中でも、
コロナの影響が直撃しているのに
売上を伸ばしている会社があるはずです。

その秘密はなにか?
ある、共通点があります。

それは、

ネットの使い方が上手な事です。

いや、そんなことはわかっている。
自分だって、積極的ではないにしろ
ネットを活用している。

今時、全く使ってない会社の方が少ないでしょう。

しかし、

  • ボームページを作った。
  • SNSの発信をしている。
  • YOUTUBEチャンネルを作った。

これだけでは活用しているとは言えません。

実際が私がこれまでにお会いした会社の
9割位は、なにかしら取り組んではいるものの、
イマイチ活用しきれていません。

ネット活用が出来ているとは、

お客様がネットであなたの会社を見つけて
お問い合わせをしてくるまでの
仕組みができていることです。

その判断基準は、
インターネットからお問い合わせがあるかどうかです。

仕組みができていれば
あなたが情報発信すればするほど
お問い合わせが増えます。

見込み客が自動的にくる仕組みが有れば、
業務は大幅に効率化されます。

一番大変なのは
見込み客を探すことだからです。

それに、不安も減ります。

ネットが得意でない人からすると
ネットを使うのを難しく感じるかもしれん。

今までと違う事をやったり、
新しい取り組みに取り掛かるのは大変です。

先ほど9割の会社が、
ネットを活用していないと書きましたが、
そもそも取り組んでいないのです。

こんな状況でなのですから
あなたが取り組みさえやれば、
結果が出やすい状況なのです。

不況でも業績を伸ばしている会社は
ネットを活用している1割の会社です。

あなたの会社がネット活用すれば
簡単に1割の中に入ることができます。

そもそもビジネスとは
誰かに届けるもの。

大きく広げようと思ったら
どうすれば多くの人に届けられるだろう?

こう考えるのが、基本です。

昔はその手段が、
新聞やラジオやテレビでした。
今はネットです。

なぜなら手軽で便利でコストも安いからです。

そんなこと言われても
ネット苦手だと思う人は
難しいと感じるでしょう。

でも、ちょっと調べれば、
今の時代、やり方はいくらでも見つかります。

自分ができなければ、
補助してくれるサービスもたくさんあります。

なので
苦手か得意ではなく。

知っているか、知っていないか
やったか、やらないか程度の違いです。

そして、
ネットが苦手な人だって、
沢山結果を出している人がいます。

なぜならプロに依頼しているからです。

苦手な人が頑張って取り組むより、
プロに任せた方が成果が出ます。

そりゃそうですよね。

そういえば、
こんなことを思い出しました。

ネットで、すごく売れている通販の社長のお話です。

その会社は健康食品を販売しています。

売れている会社のなので
商品開発やネットの使い方が上手と思いきや、
全て委託していたのです。

まず商品を開発は
マーケティング会社に依頼するそうです。

そして、製造も外注して作るそうです。

そして、販売の為の、
ECサイトやLPも外注しています。

売れている通販会社は、
多くの業務を委託していたのです。

だからネットを扱うのが苦手なら
むしろ好都合。

プロに依頼しましょ!

この時代、

ネットを活用するか、廃業するか?
この2つの選択をいっても過言ではありません。

この先、もっとネット化が進みます。

時代に取り残されないように。
ネットを活用しましょう。

あなたの商品やサービスを待つ人が沢山いるのですから。