未分類

売り込む前に、パーソナリティーを知ってもらう。

ホームページではあなたのパーソナリティーがわかる表現をしよう。
人間知らない人より、知っている人から買う方が、
安心できると感じるからです。

それに
売り込みばかりのホームページはつまらなく感じるものです。

もちろん商品説明は、
信頼をえるために大切な要素です。

でも、品質の良さや
質の高いサービスがあふれる時代、
あまり差別化要素になりません。

全て良いものばかりが並んでいたら、
選ぶ要素は、誰から買うのか?
という要素が大切になる。

その人の事を好きになったら、
その人から買いたくなります。

あなたの事をもっと知ってもらうためには
ホームページに、
あなたのパーソナリティーがわかる表現をしましょう。

あなたがどんな人なのか?
あなたが、どんな価値観をもっているのか?
あなたに頼むとこんな理想を手に入れられるのか?
あなたに頼むと、どんなサポートをしてくれるのか?

あなたのパーソナリティーを、
文字と画像を使って表現します。

お客様は、商品やサービスを探していますが、
それと同時に信頼できるパートナー探しています。

あなたのパーソナリティーをホームページで表現しておけば、
お客さんはあなたか出会ったときには、
お客様はあなたがどんな人か知っているような状態になるのが理想です。

信頼関係ができた状態で出会うことができていれば、
売り込む事無く、買ってもらえます。

だから、ホームページには、
あなたが何を考えているのか?
どんな人が働いているのか?

それが伝わるようなホームページを作りましょう。

すると、あなたの理想のお客様がくるようになります。