未分類

キーワードを使ってアクセス数をアップする

あなたが書いた記事が
Googleで上位検索になるためには、
タイトルや本文中に形容詞や地域名を含めましょう。

なぜなら、多くの人はGoogleで探すときに
2〜3のキーワードを使って調べているからです。

検索者の目的のキーワードに引っかかれば
検索にかかりやすくなります。

例えば
「外構工事」で検索すると、ヒットするのは、約 17,300,000 件
「外構工事 松本市」だと、約 924,000 件
「外構工事 松本市 かわいい庭」だと約 約 781,000 件

複数のキーワードを組み合わせるだけで、
約20倍見つけてもらいやすくなります。

さらに、
「外構工事」はビックキーワードです。
ビッグキーワードとは、
Yahoo!やGoogleなどの検索エンジンでの検索回数が多い
メジャーなキーワードのことです。
当然ライバルが多くなります。

なので見つけてもらいやすくするには、
スモールキーワードを使います。

スモールキーワードとは
検索回数が少なく、いくつかの単語を組み合わせた
複合キーワードやニッチなキーワードの事をいいます。

例えば、「外構工事」を
もう少し、狭めて、「フェンス」変えて、

「フェンス 松本市 カッコよい」で検索すると
約 734,000件になります。

より、絞ることができたので、
あなたが書いた記事が見つかりやすくなります。

しかも、「フェンス」という、
より絞ったキーワード使う人は、
より真剣に考えていなければ使わない言葉です。
お客様になる確率も高くなります。

ここで是非お試しいただきたいのが、
自分のお店やサービスを、
Google検索して探しましょう。

すぐに見つかりましたか?

また、あなたのお店を見つけようとして、
検索した際に、
同業他社の方が、
検索上位になっていないでしょうか?

検索者は、上位にある方が
サービスや質がよいと思う傾向があります。

良い記事を書いても、
商品やサービスを探している人が、
一般的に検索に使うキーワードがなければ、

いくら記事の内容が良くても、
検索には引っかかりません。

あなたの商品やサービスを待つ人がいます。
そんな人達があなたを見つけやすくするために
見つけてもらいやすい言葉を使いましょう。