ネット集客

SNS投稿で、あなたのファンを作るコツ①

生まれ持った才能を表現する喜びを多くの人に伝えること

こんにちは、ウェブコンサルタントの上嶋悟です。

36626_p1290031のコピー2

【電子書籍タイトル】

「読むだけで、想像以上の未来が手に入る本」は

1/18日になりましたら、

こちらのメルマガから、

無料で取得できるリンクをお知らせします。

 

実は、

お正月に電子書籍の原稿を仕上げるつもりが、

新規のアポが入りまくるという

嬉しい悲鳴でした。

なので、結局時間が取れずに

締め切りギリギリの

一昨日、昨日の2日で書き上げました。

なので、ヘロヘロになりましたが、

後は、ともちゃんこと、

星野友絵さんの会社におまかせです。

もともと、

今回の書籍のヒントは

ともちゃんの思考からヒントを得ました。

なので、この本は

ともちゃんの会社からしか出版できません。

どんな本に仕上がるのか、

出来上がりが楽しみです。

 

それでは、はじまり、はじまり。

 

FacebookやInstagramで

よくこんな投稿みませんか?

 

・こんな食事をしています。飲み会に参加しています。

・出かけました。遊んでいます。

・子供自慢、家族自慢。

・売り込み

 

よくある、日記投稿です。

SNSで見かける、

ほとんどの投稿がこの類です。

お友達との交流のみの目的の場合や、

あなたが有名人ならこれでOKです。

 

ですが、

もしあなたが、SNSを

なにかしらのビジネス目的で使い、

見込み客を獲得したいなら、

折角時間を使って書いているのだから、

勿体ないです。

 

実は、

この種の投稿でも、

ちょっと手を加えるだけで、

 

投稿を読んだ人が、

あなたのファンになるような投稿に変えることができます。

 

その方法は、

 

「なぜ、それをやったのか?」

 

行動の後に

「なぜ」を追記します。

 

例えば、

 

私、お正月に神社に行きました。

 

この投稿とともに、

自撮り写真が投稿されていても、

 

99%の人が、

「ふーん」くらいにしか感じません。

 

いや、間違いなく、

100%の人がふーんですね。

 

こんな投稿では、

いくら数多く投稿しても

ファンになってもらえません。

 

むしろ、うざがられます。

 

ですが、

これに、「なぜ?」を書き加えます。

 

お正月に神社にお参りに行きました。

実は私は何年か前に、

人生のどん底状態でした。

 

あるとき面接した会社に呼び出され、

合否を会社で直接聞くということがありました。

 

呼び出されるなら当然合格と思いきや

まさかの不合格でした。

 

不合格なら電話でよかったのに、、

と思いつつも、

横をみると

神社がありました。

 

いつもはしないお参りですが、

落ち込んだせいか、

お参りをしたい気分になりました。

 

すると、

鳥居をくぐった瞬間、

運命が好転するような錯覚を覚え、

その後、

実際どんどんよくなったことがあります。

 

なので、それ以来、

お礼をするつもりで神社に参拝するのが

毎年の恒例行事となりました。

 

「今年も無事ここにお礼を伝えにくることができました。

ありがとうございました。」

 

いかがでしょうか?

 

中年男性がただ神社に行った話が

なんとなく想いの伝わるストーリーとなります。

 

行動に対して「なぜ」を書き加えれば、

読者の心を動かすストーリーになるのです。

 

もっと短くでも大丈夫です。

例えば

「マクドナルドに行きました」

だけではつまらない話です。

 

これに「なぜ」を加えます。

 

マクドナルドに行きました。

実は私はマクドナルドが好物です。

 

でも体に悪そうだし、太るので普段は控えています。

だけど、今週契約が取れたので、

自分へのご褒美で食べにきました。

 

この程度でも、想いが伝わるストーリーに変わります。

 

あなたはなぜ、その投稿(行動)をしたのですか?