ネット集客

【対人関係を改善するテクニック】

【対人関係を改善するテクニック】

 

あらゆる悩みは対人関係に行き着く

と、心理学者のアドラーは言っています。

 

家族、会社、友人、パートナーとの関係など

どこでも上手くいかない人はいるものです。

 

その解決方法で是非お試し頂きたいのが、

「自分の演じる役柄を見つける」ということです。

 

例えば私は、コンサルタントの仕事をしていますが、

「先生ポジション」にいると割と上手くいきます。

 

しかし、

 

たまに、とても大きな会社の社長とかに出会うと

流石に「先生ポジション」は失礼かな?

と思い、

へり下るみたいなことをしていました。

 

すると、どうも上手くいかず、

いつも気分の悪い思いをしていました。

 

私としては、

顔もみるのも嫌な状態になっていました。

 

悩んだすえ、

人間関係の本みたいなのを見ると

反論するのではなく、

「私はそれが不快です」みたいな

 

気持ちを伝える。

みたいなことを書いてありましたが、

実際に試しても上手くいきませんでした。

 

あるとき、

もうどうなってもいいやと思って、

どんな偉い人や、目の前にすごい人が来ても、

自分は「先生ポジション」だと思って接し始めます。

 

すると関係性が変わり、

上手くいき始めるではありませんか。

そして気づきました。

 

仕事の場合、

私は「先生ポジション」だと上手くいきやすいのです。

 

これは、威張れとか、高圧的になれとかではありません。

お客様には丁寧に接するのが大前提です。

 

自分が上手くいく「役柄」というのがあるのです。

あくまで、自分の心の中での意識の話です。

 

私の場合は、振り返ると「先生」だったのですが、

人それぞれ違います。

 

ですから、自分の過去を振り返り、

上手く行く「役柄」を考えてみてください。

 

実際にこれを試してもらった女性経営者の場合ですが、

リアル集客は得意だったのですが、

ネット集客が苦手でした。

 

この経営者に上手くいく役柄を尋ねると。

「女性のリーダー」という役柄が返ってきました。

 

実際にそのマインドセットでネット集客をすると

上手く行きはじめました。

 

実際に、これを裏付けるようにこんな話があります。

ある老人ホームで、

それまで入居者を「さん」で呼んでいたのを

「様」で呼ぶようにしたところ、

入居者の態度が横柄になったそうです。

呼称を変えることで、その役柄になってしまったのです。

 

なので、自分が上手くいく役柄を見つけ、

役柄を意識すると、

思っている以上に人間関係が上手くいきます。

 

あなたが上手くいく役柄はなんですか?

「友人」「医者」「先輩」など

過去を思い出し是非お試しください。

 

 

  • ブログ

https://www.borntalent.net/

 

  • Facebookグループ

ネットで繋がり、届け、叶えるグループ

https://www.facebook.com/groups/487442575564908