ビジネスの型

友達には売れるけど、友達ではない人に売れません。

ビジネスを初めたばかりの人によく聞かれる質問があります。
「友達には売れるけど、友達ではない人に売れません」
これ結構聞かれます。

ビジネスを始めたばかりって、
販売につながる蓄積した活動をしていないし、
紹介も発生しないし、
そもそも売り込みをする相手すらいない。

契約になるのは、一部の知り合いだけ。

契約してくれる知り合いでが尽きたら、、、
この先、
この仕事をやっていけるだろうか?

このままではまずい。

そりゃ心配になりますよね。

だから、

知り合いではない人を
お客様にする方法を早く確率しないと。

こんな風に思って、
質問しているんだと思います。

その解決方法なんですが、、、、

知らない人にモノを売る。

そんな、あなただけに都合の良い方法はありません。

信用もしてない知らない人から、
いきないもの買うわけないじゃないですか。

あなただって、道を歩いていて、
知らない人に声を書けられて、
いきなり熱心に商品説明されて
買いますか?

そんなことされても
むしろ引きますよね。

わかりやすくいうと
知り合いは
あなたのをことを信頼しているから買います。

「知り合いではない=信頼していない」

なんですが、
信頼してない人に販売するのは、
正直難易度高めです。

無理してやっても、効率悪すぎです。

信頼している。
だから買うのです。
信頼なくして、モノは売れません。

例えばです。
駅前でナンパするとします。

ナンパって、
着いていく人と
着いて行かない人がいるのではなく、

信頼しようと思ったから着いて行きます。

信頼しているか、
信頼していないかの違いなんですよね。

いくらイケメンが声を書けても
信頼されてなければ、
着いていかないんですよね。

信頼してもいいかも。
と短時間で信頼を得ているのです。
だから着いていきます。

なので、

あなたが、
知らない人にモノを売りたければ、

信頼を得ましょう。
こう言うと、

信頼されるにはどうすれば???
と、難しく感じるでしょう。

なので、
わかりやすくいいます。

仲良くなってください。

仲良くなる方法は、
リアルもネットも同じです。

90日で稼ぎ続けるホームページをつくる方法